先生にみてもらいながら、バスケが出来ると思うと、心強いです。

お客様写真
アンケート用紙

小学校1年生からバスケットをやっている娘は「扁平足」で、外けい骨が出ています。

今までも、痛みのある中で、バスケをやってきましたが、この春から志望した私立の高校のバスケ部に入部し練習が始まりました。さすがは私立のバスケ部、中学までとは違い、練習量も多く、一ヶ月もしないうちに「足裏が痛くて、練習できない…」と休むようになりました。今まで、出ている外けい骨、膝は痛くなった事はあったけど、足裏が痛くなったの初めてだったので、ケータイでいろいろ調べていました。

そんな時「まつもと双葉接骨院」のページが目にとまり、「足の専門」と書いてあったので、「なんとか痛みをとって、バスケをやらせてあげたい」とTELしました。

先生に「娘はバスケがやりたくて、私立の高校に行きました。娘の大好きなバスケをやらせてあげたいのです」と話すと、先生はしっかり娘の足をみてくれて、一緒に考えてくれました。先生と相談し、娘の足に合ったインソールを作り、痛みのある間は、無理をしないようにと、治療に専念し、練習も見学しました。先生のところに通い始めて、2ヶ月、作ってもらったインソールと、週1回の通院で足裏の痛みなく、バスケができるようになりました。(膝も痛いので通ってますが笑)

双葉のみなさんは、いつも優しく明るく、ついて行くだけの私ですが、先生と娘の会話もおもしろいので、楽しい時間んを過ごさせてもらっています。これからもまだまだたくさん痛いところが出てくると思うので、先生にみてもらいながら、バスケが出来ると思うと、心強いです。本当に良い先生に出会えて、うれしく思っています。

これからも、よろしくお願いします。

お名前 匿名  女性  ご年齢 16歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

現在4ヶ月程経過、痛みは殆どなくなり、体全体が少し軽く、動きやすくなりました お客様写真
力を入れて歩けるようになりました お客様写真
少し遠いけど、治したい一心で予約しました お客様写真

まつもと双葉接骨院